故障車は車買取店に売る?ディーラーの下取りに出す?

故障した車を車買取か、ディーラーの下取りに出すかで悩みますよね…

車買取りに売った方が得だ…とか、やっぱり下取りに出した方が楽で良い…など、いろいろな意見があります。もちろん、車買取にもディーラーの下取りにもそれぞれメリットとデメリットがあります。
今回は話が複雑になるので「故障車」と限定はしないで、中古車全般の車買取りとディーラー下取りについてまとめました。

それでは、このサイトなりの答えを出してみましょう。
実は、答えは二通りあります。金額的にメリットがあるものと、手続き的にメリットがあるものです。金額的にメリットがあるのは車買取業者に売ることです。そして、手続き的にメリットがあるのがディーラーの下取りです。

ガリバー 車買取査定

【車を車買取りへ】
金額的にメリットがあるという言い方よりも、ディーラーの下取り価格よりも車買取業者の買取額の方が断然に高いのです。車種や車の状態にもよりますが、ディーラーの下取り価格と車買取業者の買取額とでは、平均して10〜20万円ほどの差が出ます。この差額は大きいですね。

【車をディーラーの下取りへ】
ディーラーの下取り派の方たちはそのメリットをよく理解していると思います。ディーラーの下取りを利用すると新しい車への乗り換えがとてもスムーズで、オーナーはディーラーに任せっきりで大丈夫なのです。楽ですよね。ここが、ディーラーの下取り派が動かない最大メリットです。

ディーラー下取り派も一度は見てみたい買取額  車一括査定サービスはこちら!

車買取り派の言い分、ディーラーの下取り派の言い分

車の買取額が高いのも魅力だけど、車の買い替えがスムーズなのも魅力…

車を買い替える時に、今まで乗っていた車を車買取業者に売るのと車ディーラーの下取りに出すのと、どちらのメリットが大きいのかよく比較の対象にされますね。どちらのメリットも魅力的で決めかねる方も多いのでしょうね。
下記のいろいろな方の言い分を読んで決めるのも良いかと考えます。

【車買取り派】

中古車 下取り

以前に乗っていた車2台はディーラーの下取りに出しました。でも、いつもいつも同じディーラーで買ってあげているのに、下取りの安さだけは納得がいっていませんでした。ある時にインターネットで車買取一括査定というのを見つけて申込んでみました。すると、何と下取り価格よりも20万円も高い査定額が提示されました。実車の査定もしたところ、交渉もあってか24万円で買取りをして貰いました。24万円といったら1ヶ月の給料に近い金額ですからね。ただし、査定依頼をした途端にかかってくる電話は何とかならないでしょうかね。ちょっと気になることでした。

車買い替え 下取り

購入する車そのものに対しては興味があったのですが、車の下取り価格やその他の費用などについてはディーラーの言いなりでした。良いお客さんだったと思います。しかし、妻が車について友だちに聞いたところ、家の車の購入の仕方はどうやら損をしているという結論になったようです。
次の車の購入時には下取りに出すのはやめて、車買取業者に売ることにしました。車の本査定の時には妻の友だちがたくさん来てワイワイやっていました。買取額も満足がいくものだったらしく、妻は上機嫌でした。旦那の面目丸潰れ… (T-T)

【ディーラー下取り派】

故障車 下取り

私の家では親の時から、車のこと全てをある自動車ディーラーに任せています。私が車を初めて購入するという時にも、父親の付き合いのあるディーラーのところでした。私があまり車に興味がなかったということも要因となっているのかもしれません。
ガリバーやアップルなど車買取業者の存在は知っていましたが、車を買い替える時には考慮に入れることはありませんでした。ディーラーに全て任せてしまったので、車の下取り価格が安いとちょっと文句を言った程度でした。お陰で下取り額は少し高くなりましたが…

故障車 下取り

車を買い替える時に今まで乗っていた車をどうするか…と言えば、下取りに出す以外に考えていません。契約さえ終われば、黙っていてもディーラーの人が全てやってくれます。新しい車の用意が出来れば、そのまま乗り換えて終了です。車の不具合や故障なども電話一本で済みますし、車検もその他のことも任せています。車について私が特別に頭を悩ませることはありません。ガリバーやラビットなどの名前は知っていますが、利用するという気持ちは今のところありません。

【どちらでもない?派】

ディーラー 下取り

今の車に買い替えた時に下取りよりも買取りの方が高いとは耳にしていましたが、知り合いのディーラー担当者に任せました。滞りなく車の買い替えが済んだ1ヶ月ほど後に、同じ車に乗っている知人が、車買取業者に売ったら私の車の下取り額よりも12万円も高かったことを聞きました。更に知人の車は私の車より年式が古い車でした。
車に関してはディーラーに任せておくのが楽なのですが、今回のようなことがあると次回は車買取りも考慮に入れるかもしれません。

いかがでしたか? 皆さんのご意見は参考になりましたでしょうか。
車に対する環境や事情などによって、ご意見は様々のようですね。車買取りとディーラー下取りに関しても、自動車に関することは全てディーラーに任せている方、あるキッカケで車買取業者を知って車を売却したらディーラー下取りよりも24万円も高くなった方などなど、それぞれご意見がありました。
以上のご意見からは車買取りとディーラーの下取りとどちらが得で、どちらが優れていると断言は出来ません。上記のご意見から、車買取りやディーラーの下取りには「こんなことがあるんだ」ということを知って、ご自分のカーライフと照らし合わせて選択なさると良いでしょう。

ここの管理人の私は、車買取りもディーラーの下取りもどちらも経験しています。下記に簡単に記しておきます。
少しでもご参考になればと思います。

 


 

【このサイトの管理人の体験】

故障車 下取り

私はディーラーに車のことを任せていたこともありますし、車買取業者に中古車を売却したこともあります。ここでは、皆さんに伝えておきたいことを書いておきます。

基本的にいろいろな情報は仕入れておいた方が良いということが言えます。車を初めて購入したのは父親の付き合いのあるディーラーからでした。2台目もそのディーラーから購入しています。その間は、他の情報が入っていないので車の取引については無知でした。

3台目の車は中古しかない車だったので、乗っていた車は中古車買取業者に売ることにしました。自分が思っていたよりも高い買取額だったことと、「今日決めてくれたらもう5万円上乗せして買取る」という言葉で即決しました。

実は、この時点でも無知でした。というのも、最初に行った車買取業者で決めてしまったからです。他の業者の買取額と比べることをしていなかったのです。後から調べてみると、もう10万円ほどは高く売れたはずでした。

次の時には、インターネットで調べまくって、複数の車買取業者に査定依頼が出来るという車一括査定サービスの利用で、ほぼ思い通りの買取額で車を売っています。

このように、最初は車の取引に無知でも、少しずつ知恵をつけて損をしないようになって来たと思います。しかし、今なら、損したくなかったら「車一括査定サービスを利用しましょう」と声を大にして言いますね。

以上のように、私はディーラーの下取りからは離れて、言ってみれば「車買取り派」になりました。だからと言って、「ディーラーの下取り派」がダメだとは言いません。ディーラーの下取りというか、ディーラーの優れた点は重々承知しているつもりですので、やはり自分に合った方を選択するのがベストだと感じています。

【もう一度、故障車について】
故障車についてですが、車買取りもされますし、ディーラーに下取りもされます。
もちろん、故障していない車と比べると、その買取額も下取り額も安くなることは否めません。
でも、故障車は買取りや下取りがされないという心配はありません。

しかし、稀に故障している車だからと、故障していることをことのほか強調して「廃車処分」などを提案してくる車買取業者やディーラーもいるので気を付けたいところです。

Copyright © 車買取り|故障した車も大丈夫! All rights reserved